【簡単】着物初心者が着付けをマスターする方法

この記事は約10分で読むことができます。

みなさん、こんにちは。
管理人のAya(@nekura929)です。

この記事でわかること📝

 ✓ 独学でも着付けを覚えられるの?

 ✓ 大手学院・個人の着付け教室・呉服屋主催の着付け教室のメリット&デメリットをまとめました💡

 ✓ 着付け教室を選ぶ際の注意点3つがわかる!

1.着物初心者が着付けをマスターする方法をまとめました

今回は、着物初心者が着物を着られるようになるにはどうしたらよいのかを記事にまとめました!

何とか着物や小物は揃えてみたはいいけど、着付けってどうやって覚えたらいいのか初心者にとっては結構難しい問題ですよね。

・着付けの本を読めば着られるようになる?

・ブログやYouTube等を参考にすれば着られるようになる?

・何だか独学は難しそう。着付け教室で学べば着られるようになる?

・でも、着付け教室って展示会とかに連れて行かれて無理矢理買わされないか心配

というような不安や心配も出てくるかもしれません。

結論、着物は誰でも着られるようになります(断言)ので安心して次項を読み進めていただければと思います。

また、着付け教室を2軒ハシゴ、そして呉服屋開催のワンコインレッスンに参加した経験がありますので着付け教室の選び方についても伝授していこうと思います。

2.独学でも着付けが問題ない理由

なるべくお金をかけず、そして1人で気楽に着物が着られるようになればいいと思いませんか?

着物を着られるようになるために、独学でもまったく問題ありません。

そもそも、着物は「キレイに着なければならない」なんていう法はありませんし、完璧に着る必要はないのです。着られればそれでよいのです☻

また、着物初心者に向けた「着付けの教科書」や現役着付け講師が教える「着付け動画」が世の中にはたくさん出ておりますので、それらを参考に日々練習すれば否が応でも着られるようになります。

着物初心者の方には、動画の方がわかりやすく理解しやすいかと思います。

2-1.【おすすめ】現役着付け講師が教える着付け動画はこちらです☟

【着物着付けの教科書】着物初心者が最初に覚える着付けのやり方【肌着・下着・着物・衿・裾・おはしょり・帯・お太鼓・ぜ~んぶ解説!】All procedures for wearing KIMONO!!!
上記動画をおすすめする理由💡

 ・現役着付け講師が解説していること

 ・とにかく説明が丁寧で難しい言葉は使わず、わかりやすい言葉を使用していること

 ・音量がちょうどよく、非常に聞き取りやすいこと

動画である程度覚えましたら「着付けの教科書」等の本で勉強すると、より理解が深まると思います。

2-2.【おすすめ】着付けの教科書はこちらです☟

上記本をおすすめする理由💡

 ・掲載されている着物や帯のコーディネートが美しく、眺めるだけでも楽しいこと

 ・着物初心者がぶち当たる悩みを的確に解説していること

 ・着物着用時の簡単ヘアアレンジやメイク方法、ふるまい方が掲載されていること

このように無料動画や本を活用すれば、低予算且つ自分のペースで着物を着られるようになります。

私の場合で恐縮ですが、週2~3回(着付けレッスン含む)自宅で練習を重ね、2ヶ月もしない内に1人で着物を着られるようになり外出できるようになりました!

▲着付けを学び始めた頃の写真です。こんなんでいいのです。

とにかく最初は「着付けを完璧に、きれいに着る」ということは考えず、着物を着て外に出るということだけをやっていれば自ずと着付けはきれいになってくるはずです。

むしろ、着物での外出をたくさん重ねると「ここをもっとこうしたいな」とか「ここがもっときれいにならないかな」という欲が必ず出てきます♪

Aya
Aya

そういった欲が出てくると、更に着付け技術が向上します!

一般の方は、着付けの仕上がりなんて気にして見ておりませんし、そもそも正しい着物の着方なんてわかっておりません。

ですから安心して、着物を着て街に出てみましょう!

3.着付け教室を選ぶ際のメリット・デメリットと注意点3つ

とはいえ、独学だと「難しそうだなぁ」という印象をお持ちの方も少なくないはずです。

そんな時、思い浮かぶのは着付け教室の存在ではないでしょうか。

Yahoo!JAPAN ロコで調べますと、全国にある着付け教室は1,582件(※2020年7月29日現在)もあるそうです。

この中から自分に合う着付け教室を探すのは、なかなか至難の業ですよね。

先にもお伝えした通り、着付け教室を2軒ハシゴ、そして呉服屋開催のワンコインレッスンに参加した経験がありますのでその経験を元に失敗しない着付け教室選びをご紹介しようと思います。

まず、着付け教室には3パターンあります。

①大手学院の着付け教室

②個人の着付け教室

③呉服屋主催の着付け教室

3-1.各着付け教室のメリット・デメリットを表にしました☟

①大手学院のメリット・デメリット

▲クリックで拡大できます。

②個人の着付け教室のメリット・デメリット

▲クリックで拡大できます。

③呉服屋主催の着付け教室のメリット・デメリット

▲クリックで拡大できます。

大手学院、個人、呉服屋のメリット・デメリットを挙げさせていただきましたが私個人がおすすめする着付け教室は「個人」です。

講師の質や人柄にもよるので一概には言えませんが、やはり自分のレベルに合ったレッスンを提供していただけるのはいわば「オーダーメイド」の授業と言っても過言ではないので着付けスキルが身につくのも早いように思います。

上記、メリット・デメリットを踏まえた上で着付け教室を選ぶ際の注意点3つをお伝えします。

3-2.着付け教室を選ぶ際の注意点3つ

①まずは【〇〇(地名) 着付け教室】でググるべし!

自宅や職場から通いやすい方が単純に続けやすいという利点があるためです。

②必ずHPがあるお教室を選ぶ。

中でも講師プロフィールレッスン内容料金が明確に表記されているかをきちんと確認!場合によってはブログやSNSを利用している講師もいるので、その場合はブログやSNSもチェック!

特にSNSでは「いいね♡」と思う投稿が多ければ多いほど実際にお会いした際、ギャップを感じることがほとんどないという研究結果もあるようですので要チェックですね。

③気になるお教室を見つけたら問合せしてみる。

問合せフォームダイレクトメッセージ等を利用し「HPを拝見し、気になって連絡してみました」という感じで連絡してみましょう。相手方からの返信は当日中が望ましいですが、遅くとも翌営業日くらいには返信がくるレベルのお教室は好感触と言えます。

その際の返信内容が丁寧で言葉遣いもキレイであること、そして着物に対しての熱量を感じられると尚よいです◎

返信内容も問題なければレッスンを申し込んでみたり、体験レッスンや見学可能かどうか問い掛けてみましょう♪

このような注意点に気をつけながら探すと、着付け教室選びの際に迷わないかと思います。

せっかく「着付けを習いたい!」と思ってくださったのですから楽しく、幸せにレッスンを受けて欲しいと思います。

すてきな講師に出会い、着物初心者の方が心から楽しく着物を楽しめることを祈っております。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^人^)