着付け師の仕事とは?実は着付け師ってとってもスゴい!!

この記事は約12分で読むことができます。

みなさん、こんにちは。
管理人のAya(@nekura929)です。

今回の記事では着付け師さんにスポットを当てて、深堀していこうと思います☻

「着付け師」として1mmも実績のない私で大変恐縮ですが(苦笑)着付けを学んでいる身だからこそ、さまざまな現役着付け師さんを身近に見てきて「本当にスゴいな!!」と改めて感じております。

そんなスゴい着付け師さんについて、お話させてください(^人^)

1.着付け師とは?

まず、着付け師とは一体なんでしょうか?【🔎着付け師 定義】で検索したところ、以下のように出てきました。

着付け師は、お客さまから依頼を受けて、着物を手早く、美しく着付ける仕事です。 着付けの場は慶事から弔事まで多岐にわたり、状況に合わせた着付けを行うだけの技術が求められます。

キャリアガーデン 着付け師の仕事より

つまり着付け師とは、ただ単にお客様に着物をお着付けするのではなく「手早く」「美しく」「苦しくなく」そして目的別にそのお客様に合ったお着付けを提供するのが着付け師ということなのですね。

Aya
Aya

改めて考えると本当にスゴい職業ですね♪

1-1.着付け師が活躍できる場所はたくさんある

ところで、着付け師が活躍している場所をご存知でしょうか?一口に「着付け」と言っても、活躍場所はさまざまで幅広いところが特徴です。まずは着付け師が活躍している場所を確認しておきましょう!

①呉服屋

読者の皆さまの中が1番初めに思い浮かんだ場所ではないでしょうか。呉服屋の店舗に立っているスタッフさんは販売員ですが、呉服屋でお着物を購入された方向けにお着付けを提供する場合は着付け師さんがご活躍されております。

特にお振袖を購入される方が多いと思います。その場合は、成人式当日など呉服屋と業務提携を結んでいる着付け師の方が担当されるようです。

②美容院

ヘアカットやヘカラーだけでなく、成人式や浴衣の貸し出しなどのイベントを想定し、ヘアセット・メイクアップ・着付けのサービスを提供されている美容院もたくさんあります。そういった場でも着付け師は活躍できますよね。

オールマイティーな美容師さんですと、ヘアセットからメイクアップ・着付けまでこなす方もいらっしゃいますよね( ゚Д゚)

③レンタル着物ショップ

京都・浅草・川越などの観光地ではレンタル着物ショップがたくさんあります。特にインバウンド需要で外国のお客様もたくさんいらっしゃいますから、スピードが求められるところが特徴的ですね。

都内を中心にフリーで着付けをされている方とお会いする機会があり、おっしゃっていたことは「外国のお客様は日本人と違って身長が高く、お尻も大きい方が多いから着付けも大変なのですよ」と(;^ω^)

観光地での着付けは、スピーディー且つ幅広い体型の方をお着付けせねばならないので大変そうなイメージですね。

④フォトスタジオ・写真館

七五三・お宮参り・成人式・フォトウエディングなど幅広い種類に対応しなければなりません。また「スタジオ着付け」といって、実際に着用するときと着付け方が少し変わるそうですよ。(尊敬する着付け講師談)

⑤結婚式場や葬儀屋

礼装に特化したお着付けになりますね。とは言え、花嫁衣裳(白無垢や打ち掛け)は着付けの中でも更に専門的になりますのでしっかり勉強しないと提供できない着付けですね。

また、故人が納棺の際に着る死装束も通常の着付けとは異なりますよね。そのような場合も専門的な勉強が必要となるでしょう。

⑥学院や教室での着付け講師

着付け師の本来の仕事とは少しズレてしまうかもしれませんが、着付けの知識人に教える能力さえあれば講師という道もあります。着付けに自信がなくても、人に教えるのが上手だったり好きな場合は天職になる可能性がありますね♪

1-2.資格がないと働けない?

私自身、着付けの資格やお免状がないと働けないと思っておりました。そういった不安を着付けの先生に吐露したところ、思わぬ回答をいただきました。

・着付けの仕事は、資格よりも何よりも「実績」「経験」が重要!!

・着付けの資格を持っていても、実績がなく着付けが下手な方はたくさんいる。

・未経験の場合、仕事を応募した先でテストを行っている企業もあるので、そのテストにクリアさえしてしまえば働ける可能性は大いにある。

ということでした。「なるほど」すぎて、これ以上の言葉が見つかりません(笑)しかし、例え未経験だったとしても働けるチャンスはあるのだなと思いました!

1-3.フリーランスとして稼ぐことは可能か

私が知っている限り、フリーでご活躍されている着付け師さんの方が多い印象です。フリーでご活躍されている方の多くは「実績がある」方ですね。

例え、着付け技能士(国家資格)を所持していなくても、着付けの実績がたくさんあり、また口コミを多くいただいている着付け師さんはコロナ禍だろうが不景気だろうが関係なく忙しくされている印象です。

また、フリーランスが多い印象としましては「介入の際のハードルが低い」というところがポイントではないでしょうか。

呉服屋や美容院と違って高価な在庫や店舗を持たなくてよいですし、着付け教室を開くにしても自宅の一部で行うことが可能です。集客についても今はSNSがありますし、無料でブログを書くこともできるため広告費削減に繋がります。

元気な体と着付けの技術さえあれば、誰でも簡単にフリーランスとして開業できるという点を考慮するとフリーランスの方が多いのも頷けます。

2.着付け師さんって実はスゴい!!

実はこの記事を通して1番伝えたかったことは、

着付け師さんってスゴい!!

ということなのです( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

今回の記事を書くにあたって、着付けの求人を確認させていただきました。求人を見ると、

✅ 着付け経験がある方

✅ ヘアセット・メイクができる方

✅ 接客経験がある方

✅ 英語が話せる方

✅ 子供を笑顔にするのが得意な方

などなどの条件が記載されておりました!!観光地では、英語が話せるとよりコミュニケーションの幅が広がりますものね。

また、フォトスタジオ系では七五三の撮影で小さなお子様がたくさんいらっしゃいます。特に着付けや長い撮影となると、飽きてしまったり泣き出してしまうお子様も・・・。そうなると、子供と接するのが好きな方やあやすのが得意な方というのはそれだけで武器になるので最強の着付け師さんになりますね。

Aya
Aya

子供が苦手な私にとってはハードルが高いです・・・💦

2-1.「着付け」と一口に言っても幅が広すぎる

1-1でも説明させていただきましたが、着付け師さんが活躍される場所はたくさんあるとお伝えいたしました。

そして、一口に「着付け」と言っても花嫁衣裳や紋付袴などの男物、お振袖、黒留袖や訪問着、不祝儀の際の着物、七五三ではお子様へのお着付け、街着や花魁風、かなり限られた場所になりますが十二単の着付け体験などもあります。

年齢問わず、男性にも女性にも着付けを提供し、その着付けの幅は礼装から普段着とかなり幅が広いのです。また、着物の種類によってもお着付けは変わってくる上に人の体型というのは十人十色です。その人その人に合った補正から帯の位置まで瞬時に判断し、提供しなければなりませんのでオーダーメイドと言ってもよいでしょう。

そんなサービスを提供できる着付け師さんは本当にスゴいとしか言いようがありません。自分も少しだけ、他装を勉強するようになったからこそ「よりスゴい!!」と実感しております。

2-2.技術力だけでなくコミュニケーション能力にも長けている

これだけの技術力を兼ね備えている上に、着付け師さんのミュニケーション能力は恐ろしく高いなと感じております。

サービスを利用してくださったお客様が必ず笑顔になるよう、着付けの仕上がりだけでなく「言葉」でも幸せを提供してくださいます。褒め方も嫌味がなく、自然な感じで褒めてくださるので自然と笑顔になってしまうのも当然かもしれません。

私は過去、成人式での着付け・レンタル着物ショップ・出張着付けを利用したことがありますがどの着付け師さんも本当にコミュニケーション能力が高く、着付けをされている時間はとても楽しくワクワクしておりました。

着付け師さんの根底には「人を笑顔にしたい」「着付けで幸せにしたい」という思いが強く根付いているのではないかと想像します。だからこそ、着付け師さんのSNSには笑顔で溢れたお客様の写真がたくさん掲載されているのでしょう。

・・・と、いうことで「着付け師」について熱く語らせていただきました💦

私も着付けを学ぶ身として改めて着付け師さんのスゴさを再認識できたので、記事化してよかったなぁと思っています(完全に自己満)

ではでは、ここまでお読みいただきありがとうございました(^人^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする